​マウントクーサ展望台の行き方・景色・レストラン・ハイキング

​マウントクーサ展望台はブリスベン市街の西側にある標高約​287メートルの景色が綺麗な山の頂上にある展望台です。その昔は、オーストラリアの先住民が生活していた山だそうです。

小高い山の上に位置していますから、ブリスベン市街を望むのに遮るものはありません。

昼夜問わずに絶景を望むことができます。

マウントクーハイキング

マウントクーサのハイキングコースの感じ

また、入場料などもかからないので気軽に立ち寄ることもできるでしょう。さらに、マウントクーサ展望台までたくさんのハイキングコースがあるので、ハイキングととして歩きで登る方も多くいます。

都市部近郊ですが、オーストラリアの自然を満喫し、日本では出会えない野生動物を探してみるのも良いのではないでしょうか。

マウントクーサが入ってるブリスベン観光ツアーに興味がありますか?

​マウントクーサの景色

​マウントクーサ展望台は、ブリスベンの街を東側からみることができますので、ブリスベン川やブリスベン空港、その他の山々のども見下ろすことができます。

また、ブリスベンにはあまり大きな山はおありませんから、何にも遮られずに望むことができます。

マウントクーサ展望台ビュー

日中は、展望台近くの森林や広い大空とともに景色を楽しむことができます。

ブリスベンを照らす日の出、夕暮れもオススメの時間帯です。

しかし、夜になるとまた違う雰囲気の景色がマウントクーサ展望台の醍醐味と言えるでしょう。

夜のマウントクーサ展望台からの眺めは、ブリスベン川に沿って聳え立っている高層ビル群、ブリスベン空港から飛び立つ飛行機など、日中にはみることのできない特別な景色が広がっています。

マウントクーサナイト景色夜

Photograph by Lachlan Fearnley, distributed under a CC-BY 3.0 license.

また、夜には星空も綺麗に眺めることができます。南半球でしか見れない星を探してみるのも良いのではないでしょうか。

​レストラン

​マウントクーサ展望台の敷地内にはカフェやレストラン、お土産屋さんなどもあります。
カフェ(Kuta Cafe)は平日は午前8時から10時まで開いていますので、朝日を見ながら朝食をとることも出来ます。週末に、7時から開いています。

また、レストラン(Summit Restaurant)ではランチタイム(11:30 – 14:30)、コースの定食かアラカルトメニューを選べます。ディナータイムは(17:00 – 21:00)までで3つのコースの定食があります。$46をかかります。以下のリンクでは​メニューを見てみましょう。

​残念ながら、このレストランは値段がかなり高いのに質が価格に見合っていないと思います。多分、オーストラリア産のコーヒーだけ飲むのがおすすめです。

レストランは室内と屋外に分かれていて、景色を独り占めしながら優雅なひと時を過ごすのも良いのでしょうか。

マウントクーサカフェとレストラン

マウントクーサカフェとレストラン

Photograph by Lachlan Fearnley, distributed under a CC-BY 3.0 license.

しかし、マウントクーサ展望台の敷地内のお店は観光地ということもあり少し値段は高めに設定されています。

お土産などは市街で買う方が良いかもしれません

​車の行き方

​ブリスベン市街からマウントクーサ展望台までは、距離にして約10キロから15キロくらいです。

車を使うと、道路状況にもよりますが、おおよそ​20分程度で到着するでしょう。有料道路ではないのでETCカードを持つ必要はありません。

展望台の敷地内には駐車場もあります。

しかし、夕暮れ時などピーク時には少し混んでいるかもしれません。

もし免許証などをお持ちの方は、市内や空港などでレンタカーして行くのもおすすめです。

早朝や深夜など、公共交通機関を利用して来れない時間帯に行けば混雑せづに景色を堪能できますし、特別な時間を過ごすことができるでしょう。

レンタカーを予約つもり?それでは​ rentalcars.com がおすすめです!

​公共交通機関

​オーストラリアでは「​Go ​Card」というカードを利用して電車やバスなどを利用します。
日本のSuikaやPASMOと同じように、カードにお金をチャージして利用します。

ブリスベンGo Card

持っていない方は、コンビニでもすぐに購入できますので、一応買っておくことをお勧めします。

もし、​Go ​Card を持っていなくても、その場で現金を支払って利用することも可能なので安心してください。

市内からのマウントクーサ展望台へのアクセスはバスが適しています。バス「471」は展望台の目の前につきます。平日は午前9時から、週末にはおよそ10時からやっています。

​Go Cardを持っている大人の場合は$2.65(オフピーク),$3.31(ピーク)かかります。子供や学生の場合は$​1.32(オフピーク),$​1.​66(ピーク)かかります。​オフピークは週末および平日の午前8時半から午後3時までです。

オーストラリア(クイーンズランド州)の交通情報は以下のボタンで見てみましょう。

このサイトで調べることができます。

時間だけでなく、バス停やバスのナンバーなども表示されますのでとても安心して利用できます。

日本語変換機能も付いていますのでとても便利です。

​ハイキングでの登り方

​マウントクーサ展望台は小高い山の頂上にありますので、ハイキングをしながら登ることもできます。ハイキングのふもとまで行くためには車が必要です。

ハイキングコースは距離長くないけど舗装されないし、少し険しい山なので子供やお年寄りは無理しないで気をつけましょう。

マウントクーサハイキングコース

また、コースは綺麗な森林であふれていますので、マイナスイオンを感じながらハイキングしてみるのも良いでしょう。

以下のボタンでマウントクーサのハイキングコース地図を見てみましょう!ルート36と58がおすすめです。

​ルート36は片道で距離1.6キロおよそ35分間かかります。Caladenia Stで車を駐車します。

マウントクーサふもと

あまり見えないがここはルート36ハイキングの始まりです

​ルート58は片道で距離2キロおよそ45分間かかります。JC Slaughter Falls Picnic Areaで車を駐車します。

​ハイキングに行くつもりの場合はたくさんの水を持っていけばいいです。あとは、オーストラリアの太陽は日本よりかなり強いので日焼け止めを塗りましょう。

登りはハイキング、帰り道はバスという方法も可能です。

日本では見ることのできない、オーストラリアの珍しい動物や野鳥、植物を観察してみてください。カンガルー、ワラビー、トカゲ(モニター)、ブッシュターキーも見たことがあります!

オーストラリアの野生動物たちを見る場合、近づいて写真撮影してみてはいかがでしょうか。

ブッシュターキー

私がマウントクーサで見たブッシュターキー!

オーストラリアのトカゲ

オーストラリアのトカゲ(Bearded Dragonといいます)

また、山の頂上付近からは、マウンテンバイク用の山道コースもあります。

少し急な山道ですが、マウンテンバイク用のコースは徒歩でも下山が可能です。でも、街灯などはありませんので、夜間はお勧めしません。

​まとめ

​以上説明したとおり、マウントクーサ展望台は、ブリスベンに来た際は必ず訪れていただきたい観光スポットの1つです。

昼夜問わず、素晴らしい景色を望むことができるでしょう。

マウントクーサ展望台へは、バスや車で行くこと、もしくはハイキングで登る方法があります。

ブッシュターキー

ブッシュターキーがきもいと言う人が多いが私は何とか好きだな

自然が好き、オーストラリアの自然を感じたい、野生動物を見たいという方はハイキングをお勧めします。

レストランやお土産屋さんを利用する際は少しお財布と相談してからでもいいかもしれません。

Disclosure: Some of the links provided in this post ​may be affiliate links. I will be paid a commission if you use this link to ​make a purchase. This commission helps pay for the costs of running the website. You will not be disadvantaged in any way by using these links.

関連記事

大人1,376円!割引のシドニー水族館のチケットを買う方法:値段の比較・入場料・料金

大人$19!割引のフェザーデールワイルドライフパークのチケットを買う方法:入園料の比較

大人1,300円!割引のシドニータワーアイのチケットを買う方法:値段の比較

大人2,449円・子供1,694円!割引のタロンガズー(動物園)のチケットを買う方法:値段の比較

ルイ


ルイはブリスベンに住んでいるオーストラリア人です。日本語を勉強した時にたくさんの日本人の友達を作りました。しかし、日本人の友達がオーストラリアについてあまり詳しく知らなく、ルイがAus Working Holidayというサイトを作りました。 このサイトがオーストラリアに来る日本人の助けになれば嬉しいです。

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}
>