「2020年版」日本より86%も高いオーストラリアのバイトの時給!最低賃金の高さは世界一!

​オーストラリアの最低賃金の高さは世界一!高額な生活費を考慮した場合でも購買力は世界一を誇っています。

オーストラリアの仕事の最低賃金:国の比較

つまり、学生ビザやワーホリビザでオーストラリアに来れば豊かな生活を楽しみつつ効率的にお金を稼げるということです。

オーストラリアの年齢別最低賃金

オーストラリアの最低時給はいくらですか?2020年のカジュアルで雇われる従業員の最低時給は2​4.​36ドルです。

しかし、最低賃金の詳細は従業員の種類と年齢によって違います。

  • Casual(カジュアル従業員)
  • Full time(フルタイム従業員)
  • Part time(パートタイム従業員)

以下の表にあるように、年齢によっても最低賃金が異なります(両替レートはライブアップデート)。

年齢

​フルタイムとパートタイム

​カジュアル

​21以上

​​$19.49(1,339円

​​$24.36(1,673円

​20

​​$19.04(1,308円

​​$23.80(1,635円

​19

​​$16.08(1,104円

​​$20.10(1,381円

18

​​$13.31(914円

​​$16.64(1,143円

17

​​$11.26(773円

​​$14.08(967円

1​6

​​$9.21(633円

​​$11.52(791円

​16以下

​​$7.18(493円

​​$8.97(616円

​最低賃金はあくまでも一番低い時給なので実際のバイトではもっと稼げるでしょう。

更に学生ビザかワーホリビザでオーストラリアに来れば、カジュアル従業員で雇われる可能性が高くなります!

カジュアル従業員は最高額の時給を受ける場合がほとんどですが、福利厚生を期待することが出来ません。その仕組みを詳しく見てみましょう!

カジュアル従業員

カジュアル従業員は大抵こんな事情があります。

  • 1週間の労働時間が未定
  • シフト変更の可能性大
  • 病気休暇と有休の取得が不可
  • 理由もなく解雇される可能性がある

​カジュアル従業員の仕事状況は非常に不安定で、その分フルタイム従業員より最低賃金が​25%高く設定されています。

病気の時にはもちろんバイトを休めますが、その日の分の給与をもらうことはできません。同様に旅行中に休んだ分のバイト代はゼロとなります。

オーストラリア 時給

​フルタイム従業員

​フルタイム従業員はこんな事情があります。

  • ​通常週38時間以上の労働
  • ​労働時間の保証は契約済み
  • ​病気休暇と有休の取得可
  • ​解雇前に通知あり(通常4週間前)

当たり前ですがフルタイム従業員はカジュアル従業員よりも優遇されるため、仕事の安定感は抜群です。唯一のマイナス面としては時給がカジュアル従業員よりも低いことです。

​パートタイム従業員

​パートタイム従業員は基本的にフルタイム従業員と同じですが、週の労働時間が38時間以下であることが相違点です。福利厚生についても働く時間に比例したサポートを受けることができます。

オーストラリア バイト 時給

​オーストラリアでの時給が最低賃金より低い場合

​たまに留学生とワーホリ中の労働者に、法律で定められた最低賃金より低い額を支給する会社があります。

例えばパートタイムの最低賃金が​19.49ドルだとしても実際は15ドルしか支給されず、それでも「日本よりも時給いいから」と言って違反行為を受け入れる日本人が多く存在します。

オーストラリアではこれが大問題となっています。

もしバイト先の店長が最低賃金以上を支給しなければ政府のオンブズマンに問い合わせることが可能です。その方法の詳細はこちらへ!​

​さらに高いオーストラリアのバイトの土日と祝日の時給!

​土日に働く際には更に高い時給がもらえます!詳しい増加率はバイトの種類によりますが、大抵平日よりも​25%か​50%くらい高くなります!

​​祝日には時給が非常に高くなります。平日よりも125%(フルタイムやパートタイム)か150%(カジュアル)高くなります!なので通常、1時間あたり24.36ドルのカジュアルの最低賃金を稼ぐ場合、祝日は1時間あたり60.90ドル(4,183円)を稼ぐ事が出来ます。

祝日は賃金が非常に高いため、多くの店舗が​休業するか営業時間を短縮しています。あるいは、祝日により若いスタッフ(​賃金が年齢によって違うため)を​雇うこともあります。

オーストラリアでは「祝日と土日に働くのは少し面倒くさい」というイメージがあるため、バイト先がそんな時に働いてくれる従業員に多めの時給を支給するという仕組みです。詳細についてはこちらのリンクへ。

Fair Work Australia - Find Your Award

オーストラリア 最低賃金 高い理由

​バイトの手取り:オーストラリアの税率の説明

​オーストラリアの最低賃金は世界中で一番といってもビザステータス別の所得税を含めると手取りが少なくなってしまいます。

しかし、学生ビザで6ヶ月以上在学すると税務署からオーストラリアの居住者と見なされ、税率が低くなります!

ちなみに最近の法律変更によりワーホリビザ(417/462)取得者の税率は通常の税率より高くなりました。

以下のビザ別累進課税表をご覧ください。

​年収の分

​オーストラリア居住者(学生ビザ含む)

ワーキングホリデービザ​

​外国人

​$0 – $18,200

​0%

15%

32.5%

​$18,201 – $37,000

19%

15%

32.5%

​$37,001 – $90,000

​32.5%

32.5%

32.5%

注意点:この税率は各個人の収入に当てはまります。例えば、年収が30,000ドルの場合の所得税は以下の通り:

  • 学生:​(18,200 x 0%) + (11,800 x 19%) = $2,242
  • ワーホリ:​30,000 x 15% = $4,500
  • 外国人:​30,000 x 32.5% = $9,750
オーストラリア 賃金

オーストラリアの居住者(学生含める)は低所得税の軽減の対象となります(Low and middle income tax offsetと呼ばれる)。減額については個人差がありますが、例えば年収37,000ドル以下の人には700ドルほどの税金が免除されます。

ワーホリビザと年収22,000ドル以下以外の該当者にはMedicare levyというもう1つの税金があります。このタイプの税率は年収2%であるため、例えば年収が30,000ドルであれば600ドとなります。Medicare levyと普通の所得税を合わせると、例に登場した学生(年収30,000)の税金は合計2,142ドルとなります。紛らわしいですね!

そこでwww.paycalculator.com.auが提供する便利な計算機を使って自分の年収やビザ情報を記入すると推定税金額が簡単に分かります!ワーホリビザの該当者はBackpackerをチェックマーク学生でもワーホリ中でもない外国人ならNon-residentをチェックマークしてください!

所得税に関する質問があればぜひ下のコメント欄を活用してください。皆さんからのコメントをお待ちしております!

注意点:法律上学生ビザの生徒は週に20時間以内しか働けず、それ以上は違法となります。

オーストラリア 時給 土日

​Superannuationとは

​18歳以上だとSuperannuationというお小遣い的なお金をもらうことができます。これは定年退職後のためのお金なので、投資信託の口座に振り込まれその場合には基本給に加えて9.5%の税率が適応されます(15%税率が当てはまります)。

ワーホリの人は帰国時に税務署経由でSuperannuationを受給できますがなんと65%の税金がかかってしまいます!

学生ビザの人は帰国しても60歳になるまで受給不可能なため、該当の額はオーストラリアの口座に残ります。しかし、もし20歳で2,000ドルのSuperannuationを受給すれば7%の投資利益率で60歳になるまでに30,000ドル程まで貯められるので、Superannuationはお得な制度と言えるでしょう。

バイト先を選ぶ際には店長がきちんとSuperannuationを支給してくれるかをチェックしましょう!

オーストラリア カジュアル 時給

オーストラリアのバイトの時給:まとめ

  • ​​オーストラリアの時給は従業員の種類と年齢による
  • ​学生ビザかワーホリビザ保持者はカジュアル従業員として労働することが多い
  • ​カジュアル従業員の最低賃金はフルタイム従業員より25%高いが福利厚生がほぼない
  • ​カジュアル従業員は理由もなく解雇される可能性がある
  • ​しかし差別による解雇は違反(​リンク
  • ​最低賃金以下を支給する会社が存在する
  • ​土日の時給増加率は通常平日に比べて25%か50%程
  • ​ワーホリビザの税率は学生ビザより高い
  • ​ワーホリの人は帰国時にSuperannuationの時給が可能だが65%の税金がかかる

よくある質問(FAQ)

​オーストラリアの最低賃金はいくらですか?

​パートタイムおよびフルタイムの労働者の場合は1時間あたり19.49ドル、カジュアルの労働者の場合は1時間あたり24.36ドルです。

​21歳未満の場合、最低賃金は低くなりますか?

​21歳以上の場合は最低賃金の満額もらえますが、20歳の場合、賃金は最低賃金の98%となります。 19歳は83%、18歳は68%となります。​

​土日や祝日に賃金は上がりますか?

​たいてい、土日の賃金は平日よりも25%か50%ほど高くなります! 祝日の賃金は、平日よりも125%(フルタイムとパートタイム)か150%(カジュアル)高くなります。

つまり、カジュアルの労働者は祝日には1時間あたり60.90ドル(4,500円)以上を稼ぐことができます!​

​カジュアル、パートタイム、フルタイムの労働者の違いは何ですか?

​フルタイムとパートタイムの労働者は、労働時間の保証と病気休暇、有休が与えられます。フルタイムの労働時間の保証は週に38時間以上で、パートタイムは週に38時間以下です。

​カジュアルの労働者はこれらの保証がありませんが、その代わりに時給がフルタイムとパートタイムよりも25%高くなります。

​オーストラリアの所得税率はいくらですか?

​学生ビザは、年間最大$ 18,200の所得に対して所得税を支払うことはありませんが、ワーキングホリデービザは、所得に対して15%の税金を支払う必要があります。

Disclosure: Some of the links provided in this post may be affiliate links. I will be paid a commission if you use this link to make a purchase. This commission helps pay for the costs of running the website. You will not be disadvantaged in any way by using these links.

シェアしましょう!
ルイ
 

ルイはブリスベンに住んでいるオーストラリア人です。日本語を勉強した時にたくさんの日本人の友達を作りました。しかし、日本人の友達がオーストラリアについてあまり詳しく知らなく、ルイがAus Working Holidayというサイトを作りました。 このサイトがオーストラリアに来る日本人の助けになれば嬉しいです。

>