​[完全版] オーストラリアでレンタカーの借り方:格安の予約方法・割引・注意点・ヒントとコツ

​オーストラリアは国土が広く素敵な場所が多いですよね!陸地面積は日本より20倍ほど広いため、魅力的なスポットも国中に広がっており、行きたい場所がお互いからかなり離れています。都会ではない州の公共交通機関は不便なので、レンタカーがあればとても役立ちますよね!

けれども、初めてオーストラリアでレンタカーを借りるなら手続きが少し難しいかもしれません。レンタカー会社の数が多く、最安値のプランを選択しているのかどうかなど、色々と戸惑うことがあるでしょう。

さらに値段以外にも考慮しなければならない点が多々あります。国際運転免許証が必要かどうか、任意保険に加入しておくかどうか、レンタカーにどんなガソリンを入れるべきか、そして会社の年齢制限に見合っているかなどがその一部です。

そこでこの記事ではオーストラリアでのレンタカーの借り方を詳しく説明します!さっそく見ていきましょう。

オーストラリアレンタカー予約

​あなたにピッタリのレンタカー会社を選ぶ方法

​オーストラリアには沢山のレンタカー会社があります。人気な会社は:

  • ​Hertz
  • ​Budget
  • ​Avis
  • ​Thrifty
  • ​Europcar
  • ​Jucy
  • ​Alamo
  • ​Redspot/Enterprise
  • ​Alpha
  • ​East Coast Rentals

会社の数が多いので、詳細を確認する際にはレンタカーまとめサイトで検索し予約するのがおすすめです。おすすめのまとめサイトはrentalcars.comです。このサイトは上記にある人気な会社の比較に対応、日本語対応、手数料無料、さらに大抵の場合は無料で予約をキャンセルできます!

残念ながらあまり人気ではないレンタカー会社は比較の対象外となりますが、これらの会社は質、価格ともにベストなオプションではないことが多いです。

予約する準備ができたらこのリンクをクリックしRental Carsでレンタカー会社の料金を予約してみましょう。あるいは以下のフォームに場所と日にちを入力し​Rental Carsに進みましょう。

準備ができたらそのまま下記の内容を読んでみましょう!

​まず、サイトに進む前にレンタカーを借りる準備ができているかどうかを確認しましょう。以下のクイズに答えて、必要なものを持っているか確認してください。必要な運転免許書を持っていなかったとしたら、レンタカーを予約することさえ無駄になってしまいますからね。

​注意点1:運転免許証

オーストラリアでの運転免許証無しの運転は違法であるため、レンタカーを借りる時には運転免許証を提示する必要があります。

オーストラリアで車を運転するには3つの方法があります

  • 日本の運転免許証を使用
  • 国際免許証を使用
  • オーストラリアの運転免許証を使用

申し込みの際にまだ日本に居るなら1番簡単で安く済む国際免許証を使用することをおすすめします。

国際免許証無しでオーストラリアに渡る場合、代理人に頼んで国際免許を申し込んでもらうか持参する日本の免許証の公式翻訳バージョンを購入しましょう。

詳細はこのリンクから。クリックして記事全文を読みましょう!

​注意点2:任意保険

​オーストラリアのレンタカーの保険は複雑ですよね。Liability, excess, loss damage waiverという紛らわしい言葉が沢山あるので日本人にはきっと分かりにくいでしょう。

オーストラリアでは常にレンタカー料金に保険が含まれています。しかし、任意保険を買わない場合、自動車事故に巻き込まれたら$4,000以上を支払うことになるかもしれません。よって任意保険についてはきちんと考えましょう。

このリンクでオーストラリアのレンタカーの任意保険についての記事を読みましょう!

​注意点3:年齢制限

​レンタカーの年齢制限は会社によって違います。全てのレンタカーの会社において25歳以上ならレンタカーの利用が可能です。

また、大体の会社は21歳から24歳までの利用者に割り増し料金でレンタカーを貸します。18歳から20歳までの利用者は選択肢があまりなく、Jucyという会社以外からレンタカーを借りられえる機会はほとんどありません。

17歳以下の人は残念ながらオーストラリアでレンタカーを借りることが出来ません。
以下のリンクでオーストラリアのレンタカー会社の年齢制限と割り増し料金の比較を見てみましょう!

​注意点4:ガソリン

​オーストラリアでレンタカーを返す時、ガソリンスタンドで「え?どのガソリンを入れればいいの?」と戸惑ってしまうと思います。オーストラリアではガソリンの種類の名前が日本と違うので注意しましょう。

オーストラリアではほとんどの車はペトロールかディーゼルを使います。間違った種類のガソリンを使えばエンジンが故障し、レンタカーだと保険の免責事項になります。

ガソリンが満タンではいないレンタカーを返すと、会社の規則によっては高い割り増し料金を支払うことになります。予約する際にガソリンの規則を確認しましょう!

オーストラリアレンタカーガソリン

​以下のリンクでオーストラリアのガソリンについて詳しい記事を読みましょう!

​注意点5:オーストラリアの交通ルール

​オーストラリアは日本と同様に道路の左側通行です。交通ルールは日本とほぼ一緒ですがラウンドアバウトに注意しましょう。交通の流れを改善するために多くの交差点で信号の代わりにラウンドアバウトがあります。

以下はラウンドアバウトのルールを説明している動画です。英語の字幕が表示可能です。

​詳細はこのリンクから(ウィキペディア)。​ウィキペディアの記事を読みましょう!

​注意点6:オーストラリアレンタカーカーナビ

​Rentalcars.comで予約する時にカーナビも入れることができます。使用を希望する際は追加オプションのメニューで入れましょう!

オーストラリアレンタカーカーナビ

​使用にあたっては1日あたり$10をかかります。残念ながらほとんどの場合日本語対応ではないのでインターネットに接続されている携帯電話でGoogle Mapsを使うと便利かもしれません。

オーストラリアレンタカーカーナビ

​注意点7:オーストラリアの有料道路料金(ETC)

​オーストラリアの都会エリアには有料道路が多いです。有料道路に入る前に道路標識に「TOLL」と料金が書いてあり、その料金はレンタカー会社の規則によって異なります。ほとんどのレンタカーにはETC電子装置が付いています。

Avis, Budget, East Coast Rentals, Thrifty, Jucyなら有料道路の標準料金に重ねて料金標識1つにつき$3.30の追加料金を支払います。

Redspot/Enterpriseなら有料道路の標準料金に重ねて料金標識1つにつき$1.50の追加料金を支払います。

Europcarなら有料道路の標準料金に重ねて料金1つにつき$3.00の追加料金を支払います。

Hertzなら1日におよそ$15の均一料金で有料道路を無制限で使用できます。

料金の支払い方法としてはクレジットカード、もしくはデビットカードの預かり金から可能になります。

オーストラリアレンタカーETC

​注意点8:オーストラリアの警察の取り締まり

​オーストラリアの警察はでは日本よりも車のスピード違反に目を光らせており、スピードカメラ付きのマーク無しのパトカーが多々存在します。

スピード違反の料金は高額である上レンタカー会社から請求された追加料金も支払わないといけないためスピードを上げないようにしましょう。

その反面として、オーストラリアではお酒を少しだけ飲んでも運転できます。血中アルコール濃度は0.05を超える場合違反になります。たまに警察がドライバーに呼気検査をさせます。運転をするつもりの場合は飲まない方が安全です。 

オーストラリアレンタカー警察

​オーストラリアレンタカーの受け取り

窓口

​予約した会社の窓口に行きスタッフに運転免許証を見せましょう。スタッフがあなたの個人情報をコンピューターで確認しレンタルの規約と条件を説明します。例えば、ガソリンの規則ならキロメートル制限があるかどうか説明します。

あとは、任意保険に入るかどうかを聞かれます。任意保険に入る場合には任意保険の契約書に署名をしましょう。ちなみにインターネットで予約する時に加入することができます。

予約したときに全額を支払わなかったら、最後に請求書を決済します。​デビットカードなら一旦支払い保険金としてデポジット(預かり金)を支払うことになりますが、その額は車の返却時に無事に返金されます。

​クレジットカードなら通常通り預金なしでの支払いとなります。車の返却時、傷が無かった場合にその料金が払い戻されます。

オーストラリアレンタカービーチ

​駐車場

​スタッフが車の鍵を提供し駐車場までの道順を教えてくれます。スタッフにもらった紙に書いてある車の種類、ナンバープレート、駐車番号を確認しながら目当ての車を探しましょう。自分の車が見つからない場合、スタッフが手伝ってくれます。

車を見つけたらきちんと傷チェックをしましょう。窓口スタッフが傷報告を提供するので傷を見つけた場合、傷報告に書いてあるかどうか確認しましょう。

もし報告されていないにも関わらず傷を発見したら写真を撮ってスタッフに尋ねましょう。その後、スタッフが傷報告に追加します。傷が報告されていない場合、今度はあなたが損害料金を支払うという形で傷を負うことになってしまいますよ。

傷チェックを無事に終えたら乗車してから席とミラーを正しい位置にセットし、運転の準備をしましょう。駐車場を出る前にオドメーターの写真を撮るのがおすすめです。

走行距離制限がある場合はレンタカー会社がこの番号で計算します。たまにスタッフが誤った番号を記録して利用者が走行距離の超過をしたと見なされるケースがあります。

オーストラリアレンタカー格安

​レンタカーの返却方法

​車での旅を終えたらレンタカーを返すために、駐車場に戻り元の場所に駐車しましょう。返却位置が異なると追加料金を支払う必要があるので予約した通りの場所にしっかりと返すようにしましょう。

再度オドメーターの写真を撮り駐車場にスタッフがいればスタッフに車の鍵を返します。スタッフの不在時は鍵の返却箱を使用しましょう。

損害が確認された場合はいち早くスタッフに知らせましょう。

その後、大抵の場合はEメールで領収書を受理してレンタカーの利用は終了となります。

オーストラリアレンタカー割引

​まとめ

  • ​​オーストラリアではレンタカー会社が多いので最安値のベストプランを見つけるのが困難
  • ​日本語対応の​Rental Carsというまとめサイトがおすすめ
  • ​運転免許証、ガソリン、任意保険の事情は少し複雑なためぜひ関連記事をチェックしてみてください

​Disclosure: Some of the links provided in this post are affiliate links. I will be paid a commission if you use this link to register with a site. You will not be disadvantaged in any way by using these links.

シェアしましょう!
ルイ
 

ルイはブリスベンに住んでいるオーストラリア人です。日本語を勉強した時にたくさんの日本人の友達を作りました。しかし、日本人の友達がオーストラリアについてあまり詳しく知らなく、私がAus Working Holidayというサイトを作りました。 このサイトがオーストラリアに来る日本人の助けになれば嬉しいです。

>